性病だと思ったらすぐに病院に行くようにしましょう

性病

性病は、昔は遊郭でもらう病気というのが通念で、梅毒と淋病が代表でした。しかし最近は性器クラミジアなどが若い女性に広がっているのが懸念されています。

 

病名も性病から性感染症と呼ばれるようになり、その英語の頭文字をとったSTDという呼び名も一般的になっています。

 

いま日本で最も患者数が多い性感染症は性器クラミジアです。
クラミジアトラコマティスという病原菌に感染する病気で、日本に約100万人の感染者がいると推測されています。
問題なのは10代、20代のとくに女性に感染者が増えていることです。

 

なにも症状が出ないことが多い病気で、出たとしても尿道に痒みが出たりおりものが増える程度です。
しかし放置すると女性は不妊症になることもあるので治療が必要です。

 

その他性感染症にはHIV(エイズ)、淋病、B型肝炎、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、梅毒などがあります。

 

HIVは以前は感染するとやがてエイズを発症して死にいたる病気でしたが、現在はよく効く抗ウィルス薬が開発されているので、早期に治療を始めるとエイズの発症を食い止めることができます。

 

梅毒は日本では重症の患者はほとんどいなくなりましたが、毎年1000人ほどが海外旅行などで感染しています。

 

カンジタ膣炎は性感染症と誤解されることがありますが、水虫の仲間のカビの1種が原因で、セックスで感染する病気ではありません。

 

クラミジアに限らず最近は若い世代に性感染症が広がっています。これは、性経験年齢が下がって、複数のセックスパートナーを持つ「性のネットワーク化」といわれる現象がおきているためと考えられています。

 

若者のコンドーム使用率が低く、オーラルセックスがふつうになったのも原因の1つです。

 

性感染症の拡大を防ぐにはコンドームの使用がもっとも重要です。
また感染の心配があるときは放置しないで、まず検査を受けることが大切です。