男性器の手術に関するリスクについて

手術は失敗しない?

どの手術も失敗の可能性がまったくないものはありませんが、男性器という特殊な部分だけにその失敗例などは気になるところです。

 

包茎の手術でよくあるのは、仮性包茎を手術しても勃起していないときに亀頭に包皮がかぶさることがある、というものです。
せっかくふだんから亀頭を露出させれば早漏が改善すると聞いて手術した人にとっては「失敗」です。

>>早漏にお悩みの方はこちら

 

しかしこれは陰茎の収縮時と勃起時の差が大きい、ある意味では優秀な機能を持つペニスでは仕方がないことです。

 

勃起したときに皮が足りないとたいへんなことになります。
痛くてセックスどころではありません。
包茎手術は包皮を切除する範囲を慎重に決めるので、寒くて極端にペニスが縮んだときなどに皮がかぶさるのは仕方ありません。

 

したがってこれは、そもそも仮性包茎を手術する意味があるのかという疑問にもつながります。

 

包茎手術で陰茎の部分の皮の色が先端付近がピンク色で根元付近が黒っぽいツートンカラーになるのは、失敗ではなくある程度仕方がないことです。
男性器の手術でもっともリスクをともなうものは、ペニスを長くする手術です。
これはペニスを支える靭帯を少し切ってゆるめて、身体の中かくれているペニスの一部を外に引き出すものです。

 

スポーツのときのケガなどに靭帯損傷がありますが、これはかなり重症のケガで治るのに時間がかかるし、機能が完全にもとに戻らないこともあります。
ペニスの手術でも靭帯を切ることで後遺症が残りセックスが満足にできなくなったという例があります。

 

その他の手術でも失敗で何らかの後遺症が残る可能性はあります。
その頻度についてのデータなどはないので、まず手術を受けることに意味があるかどうかをよくかんがえることと、やると決めたら上手なクリニックを選ぶことです。