早漏の問題を解決したい方必見!

早漏

早漏の悩みには大きく分けると次の2つがあります。

  1. 挿入前、あるいは挿入して数秒で射精してしまう。
  2. 2~3分で射精してしまい、女性を満足させられない。

 

1の悩みは深刻です。
原因ははっきりしないことが多いのですが、射精中枢をコントロールしている自律神経の不調が関係していると考えられます。
一般に早漏の原因といわれる亀頭の過敏さだけが原因とは考えにくいからです。

 

勃起から性的刺激を経て射精にいたるまでに、快感の蓄積によって前立腺液の分泌や陰嚢の収縮などの一連の生理反応がおきます。それにはある程度の時間が必要ですし、時間をかけて快感をプールすることによって、堰を切ったときの射精の勢いと射精感が高まります。

 

挿入して数秒で射精するというのは動物としてはある意味優秀な能力ですが、セックスを楽しむという面では大きなマイナスです。
マスターベーションでも同様に早く射精してしまう場合は、自律神経の不調という要因が大きいと考えられます。

 

ただし、初めてのセックスなど異常な興奮状態でそんなことがあったからといって、過剰に心配する必要はありません。

 

 

2の悩みは、ピストン運動を止めても射精してしまうのかどうかが問題です
もし30秒間ピストン運動をして膣の中で射精せずに小休止できるのなら、それは早漏ではありません。

 

30秒の運動はそれほど「短距離走」ではありません。また「30秒―小休止」をくり返すことができれば、何分でももつことになります。

 

射精の引き金が引かれる臨界点まで動いてしまうと、そこでフィニッシュになってしまいます。早漏改善のトレーニングに、挿入しても動かないというプロセスを組み入れているものが多いのは、このタイミングを見計らうためです。

 

したがって2の悩みは、「動きを止めて膣の中でこらえる」ことを訓練すれば大きく改善するはずです。

 

また、若い男性が数回のセックスで早くいってしまったからといって心配する必要はありません。仮性包茎ともおそらく無関係です。

 

>>男性器の手術についてはこちら<<