毎日の生活習慣と食生活の中で、活性酸素を抑制する要素を取り入れることがシミ予防に繋がります。

シミ

中年になると男性も気になるのがシミです。
出来てしまう原因や作らないようにする方法などについてまとめています。

 

シミになるのを防ぐには、日焼け紫外線対策が基本として知られていますが、老化の原因にもなっている活性酸素もシミの原因になります。

 

人間も年齢と共に、酸化することでシミやシワなどの老化現象が肌に出てきてしまいます。
この老化の原因は活性酸素にあります。
活性酸素を抑制することで肌の老化を遅らせ、年齢と共に出てしまうシミ予防をすることが可能になります。
活性酸素はストレスによって生成されるため、ストレスの軽減や生活パターンの見直しが結果的にシミの予防や対策になります。
活性酸素を抑制する簡単な予防方法として、抗酸化作用のある食材を多めに摂る方法があります。

 

抗酸化作用のある食材には野菜やハーブ類、果物などがありますが、有名なものには、リコピンのあるトマトやビタミンの豊富な緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリー、かぼちゃなど)があります。
ポリフェノールの豊富なブルーベリーやペクチンの含まれるリンゴなどの果物も抗酸化作用があります。

 

その他にも、イソフラボンの含まれる大豆や豆腐などが活性酸素を抑制する効果があります。
ハーブ類では、パクチーなどが非常に高い抗酸化作用があります。
大豆の何倍もの作用があります。
ナッツ類などもおすすめです。

 

 

シミを予防するための活性酸素の抑制では、食事からの摂取だけではありません。

生活習慣を見直し、規則正しい生活をすることが大切です。
また、肌を健康に美しく保つにはホルモンバランスの調整が欠かせません。
ホルモンバランスが乱れると肌が荒れ、潤いを失い、シミなどの原因にもなります。

 

女性だけの問題ではなく、男性もホルモンバランスを調整するような生活習慣の見直しを行って下さい。
ストレスを軽減するよう適度な運動をしたり、十分な睡眠をとったり、半身浴などでリラックスし一日の疲労回復を行うようにして下さい。

 

 

いかがでしょうか。
年齢を重ねるごとに出てしまうシミを作らないようにシミ対策をする必要があります。
活性酸素を生み出すものには、ストレスやタバコ、大気汚染や紫外線などの様々な要因があります。

 

毎日の生活習慣と食生活の中で、活性酸素を抑制する要素を取り入れて生活することが老化防止やシミ予防に繋がります。